ビアンブアマンション
日本人に人気のサービスアパート

タイの長距離バスを利用される皆様へ

【在タイ日本国大使館からのお知らせ】が届きましたので、こちらにも掲載いたします。 緊急一斉メールで届いたものです。(2015年8月13日現在)  以下そのまま引用します:
——————————————————————————————————
最近,長距離バスを利用して,タイ国内又は国境を越え隣国を観光旅行した際,トラブルに遭遇するケースがあることから,今回,長距離バス利用時の注意事項等の一例を御紹介します。
皆様自身が安全対策を考える際,参考にして頂ければと思います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/

1 旅券紛失・盗難 ~パスポートは,外国で身分証明するための唯一の公文書です。責任を持って,適切に管理して下さい。~
旅券の紛失又は盗難された場合には,紛失・盗難場所を管轄する警察に行き,通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と申請に基づき,「旅券」,「帰国のための渡航書」を発給することとなります。「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は,タイ入国管理局において,諸用の手続き(入国印転記,入国年月日の確認等)が必要です。
帰国便が差し迫っている場合には,タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライト便の変更やホテル延泊などで,予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので,旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。
また,国境を通過する際には,入国管理局職員により,出入国の確認を受けて下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm

2 盗難事件の発生~長距離夜行バスでの盗難~
長距離バスを利用した際,トランクケース等の大きな荷物をバス車体横のトランクルームに預けたところ,荷物そのもの,又は鞄の中から貴重品を抜き取る等盗難事件が発生しています。
また,車内就寝中,身に付けている貴重品やトイレ休憩等でバスの車外に出た際,座席に置いた貴重品を盗まれる事件が発生しています。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502,696-3002
FAX :(66-2)207-8511
——————————————————————————————————

チェンマイ チャンプアック バスステーション ビアンブアマンションから徒歩5分程度