ビアンブアマンション
ロングステイに最適のサービスアパート

タイ中央銀行が政策金利を1.50%から1.25%に引き下げ

利下げは今年2回目です。

バンコクポストの記事によると:

タイ中銀は、低インフレが続く中、景気を下支えし、バーツ高の抑制を狙い、外為規制の一段の緩和を発表しています。
観光業などが減速する中、バーツ高はタイ経済に打撃を与えている。
利下げは今日の会議で5対2で決定。2人は据え置きを主張した。
中銀金融政策委員会は声明で「大半の委員は、より緩和的な金融政策が経済成長に寄与し、総合インフレ率の目標に向けた上昇を支援するとの見解だった」と表明した。

Bangkok Post

経済成長見通しが下方修正される中、バーツ高だったので、引き下げは妥当に思います。これでバーツが安くなってくれることを祈ります。