ロングステイに最適 人気のサービスアパートメント

1日でもオーバーステイしたらブラックリストに載るという誤解

軍事政権下2016年3月20日に公表された新ルールで、オーバーステイヤーの取締まりは更に厳しくなりました。そんな背景からか、まことしやかに信じられている「1日でもオーバーステイしたらブラックリストに載り再入国できない」という誤解があります。

滞在日数の計算違いでチケットを購入してしまった旅行者が空港でオーバーステイの罰金(1日当たり500バーツ)を徴収されることは日常的にあります。不注意によるオーバーステイは、当局が問題視する悪質なオーバーステイとはまったく別です。不注意によるオーバーステイではブラックリストには載りません。・・・・移民法に詳しい複数の弁護士に確認しました。

ブラックリストに載るのは90日を超えて不法滞在したオーバーステイヤーです。その内容は、在東京タイ王国大使館HPでも確認できます
(同じ内容が在タイ王国日本領事館のHPにも載っています)

悪質なオーバーステイをした外国人の再入国拒否が、2016年3月20日から実行されます。

オーバーステイの新ルール(2016年3月20日より)滞在許可期間を経過した外国人に対し、以下の通りの条件と期間に基づいて王国入国の不許可を定める。

出頭した外国人の場合
1.1 滞在許可最終日より数えて90日を超えて滞在した外国人は、王国出国後1年間は入国不可
1.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後3年間は入国不可
1.3 滞在許可最終日より数えて3年を超えて滞在した外国人は、王国出国後5年間は入国不可
・・・以下省略。

「たとえオーバーステイ1日でも摘発された場合は5年間の再入国禁止となると考えられます。」とタイランドハイパーリンクスの記事に記述があります。これはオーバーステイ中に逮捕された場合です。

このブラックリスト問題は、悪質なオーバーステイなのか、不注意によるものなのかで切り分けます。誤解なきように助言いたします。(上記内容は弁護士に確認済みです)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村