ビアンブアマンション
日本人に人気のサービスアパート

移住調査(暮らしと街アンケート2015)調査結果

サンケイリビング新聞社が実施した「転居・移住の意向についてのまとめ」が発表されました。
30代、40代のチェンマイへの移住者が増えているようですが、そのヒントがこの調査結果から読み取れそうです。

こちらの記事にもありますが、「成人男女の4割強が地方暮らしに憧れを持っており、移住先の条件として教育や医療・福祉などの充実を挙げる声が最も多い」とありました。全日制のインターナショナルスクールや日本語学校(補習校)があり、病院も世界標準の病院がいくつかあるので、教育と医療はチェンマイも悪くはないですね。福祉は外国人に対しては何があるかすら思い浮かびませんが。

 

sankeiliving