ビアンブアマンション
ロングステイに最適のサービスアパート

そろそろソンクラーンですね!

タイ航空の発表によると、今年は月末までの間、CAさんがチュラロンコン大王統治時代の伝統衣装を着用するのだそうです。地上スタッフも伝統衣装着用だそうです。

ところでこのソンクラーン、日本ではただのバカ騒ぎと思っている人も多い。もともとは、純粋に新年のお祝いで、家族が一堂に集って年輩の家族や、仏像のお清めをする期間だったのが、いつの間にか、単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。チェンマイが一番派手だと言われている。タイほど派手ではないが、ミャンマー スリランカ カンボジア やラオスなど、アジアには、同じ趣旨の祭日が存在する。

詳細 → タイ航空のホームページ(英語)

チェンマイ ガイドブック(新刊) 

リピーターにも初めての方にも役に立ちます。

古都チェンマイのとっておき

日本語情報誌「ちゃーお」のライターが書いたさすがの内容です。旧市街、リバーサイド、ニマーンヘミンなど新旧の街の食べどころ、見どころを満載。私が個人的に好きなワットウモーン、近郊の伝統工芸:銀細工、陶芸、織物、雑貨など。

北タイごはんと古都あるき

実は食い倒れの町チェンマイで食べることにやや比重を置いた現地情報。女性ライターさんだけに、おすすめレストラン、カフェの他、雑貨店での買い物など、最新情報が網羅されています。